またたびちと@羊毛フェルト犬猫人形

2018年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年11月
*お知らせ*

**【重要】販売再開のお知らせ**
ハンドメイドサイト「tetote」のサイト終了に伴い、作品の販売を一時停止しておりましたが、この度ハンドメイドサイト「minne」にて販売を再開いたしましたのでお知らせいたします。
ご迷惑・ご不便をおかけし、大変申し訳ありませんでした。

bnr-topic-interview.png


TOPスポンサー広告 ≫ UVクリスタルレジンで写真をチャームに
TOP■【クラフト】その他 ≫ UVクリスタルレジンで写真をチャームに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ご訪問いただき、ありがとうござました。また遊びに来て下さいね♪■



またたびちと@インスタグラムまたたびちと@Facebook羊毛フェルト猫作り方
羊毛フェルト 作品 販売羊毛フェルト海外 販売


スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

UVクリスタルレジンで写真をチャームに

羊毛猫人形さんのオリジナルアイを作る時に使うUVクリスタルレジン



元は液体だけど、紫外線に反応して硬化する樹脂で、アクセサリー作りやネイルサロンなんかで使われてます。

これを使うと、好きな写真アクセサリーバックチャームに変身させられてしまうのです(・∀・)




まず、こんな感じに加工した画像を用意(・∀・)



最終的に小さくなるので、わざわざフォトショ等使って加工しなくても大丈夫と思います。
ちなみに私が使ったのはiPhoneアプリ(papelook⇒
装飾するとほぼ見えなくなるので加工無しでもいいかも('A`)
あ、だけど明度&コントラストは上げて、画像自体をハッキリさせたほうが綺麗に仕上がりました。

この画像をインクジェットプリンタで印刷(印刷する用紙はスーパーファイン紙)

ミール皿を用意して



印刷した画像をミール皿の凹凸に押し付けて跡をつけ、切り取ります。

切り取った画像をミール皿にはめ込んだら、その上からレジンを注ぎ込み、ラインストーン等で飾り付けた後硬化させて完成です。

羊毛や手持ちのパーツと組み合わせれば、可能性は無限大。+.゚ヽ(o´∀`)ノ゚.+。



過去に試作した時の回想録です。
我ながら不親切な作り方解説w
健忘録も兼ね、次作った時はちゃんと写真撮って解りやすく書こうと思います(*´∀`)
関連記事

■ご訪問いただき、ありがとうござました。また遊びに来て下さいね♪■



またたびちと@インスタグラムまたたびちと@Facebook羊毛フェルト猫作り方
羊毛フェルト 作品 販売羊毛フェルト海外 販売


Comment










Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。