またたびちと@羊毛フェルト犬猫人形

2020年01月 ≪  1234567891011121314151617181920212223242526272829 ≫ 2020年03月
*お知らせ*

**【重要】販売再開のお知らせ**
ハンドメイドサイト「tetote」のサイト終了に伴い、作品の販売を一時停止しておりましたが、この度ハンドメイドサイト「minne」にて販売を再開いたしましたのでお知らせいたします。
ご迷惑・ご不便をおかけし、大変申し訳ありませんでした。

bnr-topic-interview.png


TOP■【クラフト】自作アイ ≫ こっち見んな

こっち見んな


この子達が



こうなって




こうなる…と。




こっち見んな感が凄いですね(笑)

数年前に廃盤となってしまったスワロフスキーのガラスがポジション(参照→)。代替品の情報をいただいたので、早速取り寄せてみました。
昨年から続くスランプで、羊毛フェルトの猫ちゃんが作れなくなってしまったので、粘土猫で試作です。
やっぱり、透明半球の追視効果(目が追ってくる効果)は破格な感じがします。
情報ありがたや🙇‍♀️🙇‍♀️🙇‍♀️
関連記事

■ご訪問いただき、ありがとうござました。また遊びに来て下さいね♪■



またたびちと@インスタグラムまたたびちと@Facebook羊毛フェルト猫作り方
羊毛フェルト 作品 販売羊毛フェルト海外 販売


Comment

No title
編集
こんにちはー
キラキラの視線がめっちゃ追っかけてくる笑。
幻獣?な彼らにとても似合ってます↑
私は厚みのせいで光彩の外郭部分がうまく入らなくて
書き直しが多発しています。
平たいカボションから絵を戻すのはむずかしー(;∀; )
成功率はまだまだ低いけど、
色んな光彩をアクリルで描くのが
ちょっと楽しくなってきました。
2020年01月12日(Sun) 12:27
Re: こっち見んな
編集
>こんにちはー
>キラキラの視線がめっちゃ追っかけてくる笑。
>幻獣?な彼らにとても似合ってます↑
>私は厚みのせいで光彩の外郭部分がうまく入らなくて
>書き直しが多発しています。
>平たいカボションから絵を戻すのはむずかしー(;∀; )
>成功率はまだまだ低いけど、
>色んな光彩をアクリルで描くのが
>ちょっと楽しくなってきました。


アクリルで描く!!その手があったか!
えー素晴らしいです!素敵な情報をありがとうございます。
プリンターで印刷する脳しか無くて、アクリル絵具という発想は目から鱗です( ゚Д゚)
でも、仰るとおり難しそう…というか、コツを掴むまで習熟度が必要になりそうですねぇ。だからこそやり甲斐がありそうです('-'*)
2020年01月15日(Wed) 19:47
No title
編集
こんにちは。
もともとはグラスアイの製作はちとさんがこのブログで公開してくれた
おかげで前向きになれて作るようになったので(^^♪
その後試行錯誤して光彩に関しては色んな顔料を試しています。
水彩色鉛筆や筆ペン(薄グレー)、ラメ入りのペンやアクリル、本当に様々な
画材を複数組み合わせて人形に合わせて手で描いてきました。
アクリル水彩に目覚めたのは去年大阪の原画展でお会いした
漫画家のきたがわ翔先生の受け売りなのですが色を重ねるのが楽しいのです。
また自ブログでも写真付きの記事を残しておこうかな。
2020年01月16日(Thu) 16:43
Re: こっち見んな
編集
>こんにちは。
>もともとはグラスアイの製作はちとさんがこのブログで公開してくれた
>おかげで前向きになれて作るようになったので(^^♪
>その後試行錯誤して光彩に関しては色んな顔料を試しています。
>水彩色鉛筆や筆ペン(薄グレー)、ラメ入りのペンやアクリル、本当に様々な
>画材を複数組み合わせて人形に合わせて手で描いてきました。
>アクリル水彩に目覚めたのは去年大阪の原画展でお会いした
>漫画家のきたがわ翔先生の受け売りなのですが色を重ねるのが楽しいのです。
>また自ブログでも写真付きの記事を残しておこうかな。


試行錯誤って楽しいですよね😆お話聞かせていただいてるだけでワクワクします!画材だけでも、いろいろな種類かあるんですね!流石、餅屋は餅屋で、本業の先生は情報にお強い!有難い情報をシェアしていただけて嬉しいです😃
2020年01月19日(Sun) 21:33









Trackback

Trackback URL