またたびちと@羊毛フェルト犬猫人形

2018年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年12月
*お知らせ*

**【重要】販売再開のお知らせ**
ハンドメイドサイト「tetote」のサイト終了に伴い、作品の販売を一時停止しておりましたが、この度ハンドメイドサイト「minne」にて販売を再開いたしましたのでお知らせいたします。
ご迷惑・ご不便をおかけし、大変申し訳ありませんでした。

bnr-topic-interview.png


TOPスポンサー広告 ≫ ハンドカーダー
TOP★チンチラ2匹('14) ≫ ハンドカーダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ご訪問いただき、ありがとうござました。また遊びに来て下さいね♪■



またたびちと@インスタグラムまたたびちと@Facebook羊毛フェルト猫作り方
羊毛フェルト 作品 販売羊毛フェルト海外 販売


スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ハンドカーダー

毛先が揃っていればいい…案外、そういう事ではないのかもしれません。


羊毛フェルトで、チンチラシルバー&チンチラゴールデンの猫人形を作っています(・∀・)


羊毛フェルトの植毛方法って色々あって、植毛を施す部位によっても変わってくるかと思うのですが…
全体を通してのお話、自分の場合はパッツンにカットした(毛先を揃えた)状態の原毛を植毛していくのが好きでした


好 き で し た


そう、今迄は。。。

またたびちと@羊毛フェルトの犬猫人形


素敵なお色が無い場合は、何色かの原毛をブレンドして毛色を作っていきます。


またたびちと@羊毛フェルトの犬猫人形


ハンドカーダーというアイテムを使用して混毛していくのですが、これを使うと必然的に毛先が不揃いになります。


またたびちと@羊毛フェルトの犬猫人形


この毛先が不揃いになる感じが凄く嫌いでした。
単純に、1束1束植毛していく工程で扱いが面倒だからです。

でも、今回不揃いな毛先の毛束達を只粛々と植毛していった結果、案外こちらの方が扱いやすい事に気がつきました。
…と言うか、毛先が散っていた方が、本物の犬猫っぽく見えるのかもしれないなぁなんて思ったり。


食わず嫌い、良くない。



関連記事

■ご訪問いただき、ありがとうござました。また遊びに来て下さいね♪■



またたびちと@インスタグラムまたたびちと@Facebook羊毛フェルト猫作り方
羊毛フェルト 作品 販売羊毛フェルト海外 販売


Comment










Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。