またたびちと@羊毛フェルト犬猫人形

2018年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年12月
*お知らせ*

**【重要】販売再開のお知らせ**
ハンドメイドサイト「tetote」のサイト終了に伴い、作品の販売を一時停止しておりましたが、この度ハンドメイドサイト「minne」にて販売を再開いたしましたのでお知らせいたします。
ご迷惑・ご不便をおかけし、大変申し訳ありませんでした。

bnr-topic-interview.png


TOPスポンサー広告 ≫ 土台の作り方変えてみる@羊毛フェルトで和風猫
TOP★旅する白猫 ≫ 土台の作り方変えてみる@羊毛フェルトで和風猫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ご訪問いただき、ありがとうござました。また遊びに来て下さいね♪■



またたびちと@インスタグラムまたたびちと@Facebook羊毛フェルト猫作り方
羊毛フェルト 作品 販売羊毛フェルト海外 販売


スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

土台の作り方変えてみる@羊毛フェルトで和風猫

羊毛フェルトで、短毛の白猫さん作ろうかと思ってます゚+.(・∀・).+゚

従来まで、ボディ土台の体芯にはスチール針金を使用してきました。
(詳しい作り方はこちら参照→

今回はちょっと作り方を変えて、芯材は使わずに手芸綿だけでボディ土台作ってみようと思います。


またたびちと@羊毛フェルトの犬猫人形


ある程度刺し固めた手芸綿を頭部に接着後、別途刺し固めた四足を接合して、尻尾部分のみ針金を使用し肉付けした結果…


またたびちと@羊毛フェルトの犬猫人形

こんな感じになりました。

色々工夫してみましたが、立ち姿を作るには四足の強度面で若干の不安があるためお座りポーズです。

比較のため、同時進行で作っているチンチラシルバーさん(予定)は針金と芯材を使用して制作してみました゚+.(・∀・).+゚


またたびちと@羊毛フェルトの犬猫人形


こちらは立ち姿で制作予定です。
この両者間、作り方は違うけれど見た目的にはあまり大差ないかも…



またたびちと@羊毛フェルトの犬猫人形

比較しながら作ってみて、今後は用途に応じて作りやすい手法を採用していけたら…と思っています。


素敵な猫人形になりますように!
関連記事

■ご訪問いただき、ありがとうござました。また遊びに来て下さいね♪■



またたびちと@インスタグラムまたたびちと@Facebook羊毛フェルト猫作り方
羊毛フェルト 作品 販売羊毛フェルト海外 販売


Comment










Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。