またたびちと@羊毛フェルト犬猫人形

2018年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年07月
*お知らせ*

**【重要】作品の販売に関して**
従来まで作品の展示販売を行ってきたハンドメイドサイト「tetote(テトテ)」が、同社が運営する「minne(ミンネ)」へサービスを統合することになりました。
これに伴い、「tetote(テトテ)」の決算システムが2018年3月30日をもってサービスを終了となる影響で、作品の販売を一時停止しております。尚、ご用命の場合はメールにてご連絡いただければ幸いです。 ご迷惑をおかけし、大変申し訳ありません。
展示作品の移行が終了しだいお知らせさせていただきます。

bnr-topic-interview.png



TOP★チワワ ≫ 骨格とか土台とか

骨格とか土台とか

iPhoneアプリには、こんな素敵なものがあるのですヽ(゚ω、゚)ノ

またたびちと@羊毛フェルト猫人形

イヌ・ネコ家庭動物の医学大百科【ピエ・ブックス】
(iTunesのURLはこちら参照→

アプリにしては高額だけど、テト様ご健在の頃、使用頻度は低いながらもちょっとした事調べる時に便利だったこのアプリ。
ペット飼ってる方にはオススメです。

テト様亡き今、このアプリがまさかの大活躍中
もちろん、羊毛的な意味で

犬と猫さんじゃ、立ち姿がまるで違う気がしていたので、骨格が違うのかと思ってちょっと調べてみました。

またたびちと@羊毛フェルト猫人形

またたびちと@羊毛フェルト猫人形

あれれ?あんまり変わらない?

私的に、犬って常にがに股なイメージが…

で、調べていったらどうやら犬の肩甲骨は筋肉によって「体の側面」でつながっているのでガニ股っぽく見えるらしい。
ふむふむ。骨格の違いではなく筋肉の繋がり方の違いっぽい。

つまり…

またたびちと@羊毛フェルト猫人形

骨代わりのスチール針金は猫人形作と同じで、筋肉かわりのスポンジや手芸綿で犬っぽさを表現すればいいのでは?
とりあえず、土台の土台は猫人形さんと同じ作り方を採用する事に!

またたびちと@羊毛フェルト猫人形

猫人形と同じ針金の土台にウレタンスポンジを挟んで肉付けしたものを毛糸で止めます。

またたびちと@羊毛フェルト猫人形

今回の目標犬種はロングコートチワワのチョコレート
濃い色の犬なので、濃い色の毛糸を使用しました。

またたびちと@羊毛フェルト猫人形

四足や尻尾用の針金にも毛糸を巻きつけたら、土台の土台が完成です(о´∀`о)ノ

またたびちと@羊毛フェルト猫人形

うひょー不気味w
脚用の針金を長めに取っておいて、側面に貼り付けるように成形してから手芸綿を刺し付けて止めます

またたびちと@羊毛フェルト猫人形

これで猫人形さんよりちょっとガニ股気味になったかな。
ここ最近の脚失敗率が異常なので、今回は作り方変えようと思います。

長くなるのでまた次回(・∀・)
関連記事

■ご訪問いただき、ありがとうござました。また遊びに来て下さいね♪■



またたびちと@インスタグラムまたたびちと@Facebook羊毛フェルト猫作り方
羊毛フェルト 作品 販売羊毛フェルト海外 販売


Comment










Trackback

Trackback URL