またたびちと@羊毛フェルト犬猫人形

2016年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2016年12月
*お知らせ*

**【重要】販売再開のお知らせ**
ハンドメイドサイト「tetote」のサイト終了に伴い、作品の販売を一時停止しておりましたが、この度ハンドメイドサイト「minne」にて販売を再開いたしましたのでお知らせいたします。
ご迷惑・ご不便をおかけし、大変申し訳ありませんでした。

bnr-topic-interview.png


TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年11月
ARCHIVE ≫ 2016年11月
      

≪ 前月 |  2016年11月  | 翌月 ≫

レジンアイ黄変しました

2016年の3月に、自作アイ制作に必要な透明半球をUVレジンで作ろうと試みたところ、見事玉砕…(詳しくはこちらの記事へ→

当時の記事で「UVレジンは黄化する恐れがある」との情報をいただき、せっかくなので経過観察をしてみる事にしました。

結論から言うと約10ヶ月後には黄化したので、半球自体をUVレジンで作るのはあまりお勧めしません。

以下観察日記です。

自作アイ 人形 目 作り方

再掲載ですが、2016年1月(硬化直後)の時点だと画像の様に透き通っています。

自作アイ 人形 目 作り方

2016年11月(硬化約10ヶ月後)になると、写真のように向かって左の半球がうっすらと黄色掛かってきました。
ちなみに保存していた環境は、直射日光を避けた屋内(一般的にドールを飾るのと同じ環境)でした。

自作アイ 人形 目 作り方

単体だと判り難いので、スワロフスキー半球を使用したものと比較。
ちなみに、比較対象として使用しているスワロフスキー半球使用の自作アイは、2013年に制作したものです。

UVレジン半球は硬化後約10ヶ月間、スワロフスキー半球は制作後約3年間…前者の方は、いくらなんでも劣化が早過ぎるように思います。
裏側に虹彩を貼れば目立たなくはなるでしょうが、10ヶ月でこれでは年単位で考えると、とても使用はできません。

人形に使わなくて良かった…結果的に半球制作に失敗したおかげで、大失敗を免れました。
人間万事塞翁が馬ですね。
関連記事

■ご訪問いただき、ありがとうござました。また遊びに来て下さいね♪■



またたびちと@インスタグラムまたたびちと@Facebook羊毛フェルト猫作り方
羊毛フェルト 作品 販売羊毛フェルト海外 販売