またたびちと@羊毛フェルト犬猫人形

2015年12月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2016年02月
*お知らせ*

**【重要】作品の販売に関して**
従来まで作品の展示販売を行ってきたハンドメイドサイト「tetote(テトテ)」が、同社が運営する「minne(ミンネ)」へサービスを統合することになりました。
これに伴い、「tetote(テトテ)」の決算システムが2018年3月30日をもってサービスを終了となる影響で、作品の販売を一時停止しております。尚、ご用命の場合はメールにてご連絡いただければ幸いです。 ご迷惑をおかけし、大変申し訳ありません。
展示作品の移行が終了しだいお知らせさせていただきます。

bnr-topic-interview.png



TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年01月
ARCHIVE ≫ 2016年01月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2016年01月  | 翌月 ≫

【作品紹介】仮面のラグドール

【CAT】ラグドール×仮面

作品名:【CAT】ラグドール×仮面
クリエイター:またたび愛好家 またたびちと
作品価格:円
作品説明:
▼数ある作品の中より目をとめて下さり誠にありがとうございます▼

フワフワのラグドールさんに仮面を被せてみました^^手に持った仮面から、ひょっこりお顔を覗かせています。
深いブルーのお目々が、光を受けるとキラキラのと輝きます。
羊毛や獣毛を全身に植毛し、ふわふわモフモフに仕上げました。
長毛種の中では比較的短い、ラグドール独特の被毛を表現するために、土台を太めに作って、被毛自体は短めにカットしてあります。


追加画像はBLOGにてご確認いただけます⇒http://matatabichito.blog.fc2.com/

お色は お使いのPC、撮影時環境によって 若干の違いがあるかもしれません。
(このページは、“仮面のラグドール”のみのご尾紹介です。“狐面の三毛猫”は含まれませんのでご注意ください)



▼作品仕様▼

【本体】
体高…33cm
体の奥行き…21cm
(尻尾含む)
体の横幅…26cm


【仮面】
横幅…10cm
長さ(柄の長さ含む)…30cm

※多少の誤差あり

作品の詳細をもっと見る


この作品の制作過程はコチラ
羊毛フェルトのラグドール→作り方
関連記事

■ご訪問いただき、ありがとうござました。また遊びに来て下さいね♪■



またたびちと@GOOGLE+またたびちと@Facebook羊毛フェルト猫作り方
羊毛フェルト 作品 販売羊毛フェルト海外 販売


海外に作品を売る

JAPANEXPO(詳しくはコチラ→)で小たまを買えなかったお客様から連絡をいただきました。
幸い面識のある方でしたので、直接取引にて作品を販売させていただく事にしました。

羊毛フェルト海外 販売


その際、送金や荷物の輸送方法に若干難儀したので、備忘録を兼ねて記事にする事にしました。
もし、この記事がどなたかのお役に立てたなら幸いです。


■相手国
フランス(注1)

■金銭の授受
フランスから日本に送金していただく方法として、国際郵便為替証書(郵便局)銀行振込PayPalの3つで迷いました。
結局、PayPalは手数料が高額になる点(注2)、国際郵便為替証書は手続きが面倒な点(注3)から、銀行振込にて送金していただく事にしました。
ちなみにわたしの場合は、新生銀行の口座を利用しました。
新生銀行のパワーフレックス口座(外貨普通預金口座)(注4)を利用すれば、外貨両替手数料や受取銀行手数料(注5)を避ける事ができるからです。
外貨普通預金口座を送金に利用する場合、先方にお知らせすべき情報は、こちらの口座情報です。
日本でのお取引とは少し様式が異なったので、下記に私が実際に使用した口座情報をコピペします。(一部伏字)

SHINSEI BANK, LTD.,(銀行名)
GINZA BRANCH,
5-4-3,GINZA,CHUO-KU,TOKYO,JAPAN,(支店の住所)
Savings Account(普通預金口座)
✴︎✴︎✴︎ ✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎(私の口座情報)
英語表記で私の氏名
英語表記て私の住所(注6)
LTCBJPJT(SWIFTコード)


私の場合は、先方から2015年12月18日に入金完了のメッセージをいただき、2015年12月29日には入金確認がとれました。
入金が確認できたら、両替レート等を考慮しつつ、お好きなタイミングで日本円に両替しましょう。
より詳しい情報は新生銀行の公式ページへ→

■梱包に関して
入金確認ができたので、発送の準備をしました。
その際に気をつけたのは、“できるだけ厳重に梱包する”という事です。
国際郵便は、どの輸送方法を選択しても重量や大きさによって料金が変わりますが、背に腹はかえられません。
私の場合は3重に包装しました。

羊毛フェルト海外 販売

羊毛フェルト海外 販売

羊毛フェルト海外 販売

作品をラッピングした箱を、更に箱に入れて、その上から耐水性のあるビニール袋をかけました。
日本国内の郵便物と異なり、国際郵便は、蹴られたり、投げられたり…と散々な扱いを受ける可能性があります。
多少過剰包装?くらいが、丁度良いかもしれません。

■作品の輸送方法
荷物を日本からフランスに発送するにあたり、EMS国際小包(航空便)国際eパケットの3つで迷いました。全部、郵便局が提供するサービスです。
商取引きである以上、万一の時の保障や荷物の追跡システムが欲しい点と安全性を優先して考察した結果、国際書簡(保険)付きの国際小包郵便(航空便)で発送する事にしました。
航空便の国際小包郵便は、輸送にかかる日数も1週間前後と早く、有料オプション(400円)で追加できる国際書簡をつける事により、荷物の追跡と20.000円までの保険(それ以上も有料で可)がけられるようになります。
また、EMSや国際eパケットは専用の送り状が必要になりますが、国際小包郵便の場合は、フォーマットに沿って宛名を記載するだけで良いので手軽です。
以下は、実際に私が発送した小包の写真です。(一部伏字 )
宛名記載のフォーマット等参考にしていただけたら幸いです。

羊毛フェルト海外 販売


貼り付けた宛名の上から、透明のビニールテープを貼りました。
万一、水に濡れても宛名が滲まないようにするためです。
ちなみに、お取引の相手国がフランスでない場合は、EMS(国際スピード郵便)も有効な手段かと思います。(詳しくは脚注1参照)
国際小包郵便に比べて若干割高ですが、紛失時の補填額が手厚く、到着スピードが速いです。
どの方法を選ぶかによって送料や輸送にかかる日数も変わるので、先方の意向やお国の運送事実を確認しつつ相談して決めましょう。
より詳しい情報は郵便局の公式ページへ→


■発送&発送後
梱包が終わり、宛名を張り付けた荷物を郵便局に持っていきます。
局員さんに、国際書簡付きの国際小包郵便(航空便)を送りたい旨を伝えると、必要書類(税関告知書と国際書留郵便ラベル)の記入を促されるので、記入して終了です。
(税関告知書には、内容物名やその金額、純重量を書き込む必要がありますので、事前に準備しておきました)

発送が完了したら、お取引相手に発送が完了した事を連絡し、その後も3日おきに荷物追跡結果のスクリーンショットを添付して送りました。


羊毛フェルト海外 販売


荷物追跡結果のスクショは、以下のページで撮る事ができます。

郵便検索ページはコチラ→

フランスからは追跡できないようなので、必要な場合は必ず日本から追跡して、スクリーンショットを先方に送りましょう。
荷物の追跡番号は、郵便局で受け取った、国際書簡の明細に記入されています。

私の場合は、2015年12月25日に発送し、2016年1月04日に到着確認が取れました。
年末年始等の事情もあるので、通常通りならばもう少し早く到着するのかと思います。


羊毛フェルト海外 販売


無事到着してなにより^^
ちなみに、お取引相手の方の動画が素敵でした!





愛していただけますように!


■脚注■
(注1)…取引相手国がフランスである場合、複雑な郵便事情を考慮して、輸送方法に関して注意が必要です。日本からフランスへ送られる国際エクスプレスメール「EMS」は、現地フランスではフランス郵政「ラ・ポスト」」の子会社「クロノポスト」が配達を担当しています。この「クロノポスト」、とにかく評判が悪く、宛名が読みにくかったり、建物内に入るためのドアコードが未記入だったりすると配達不能と判断され、最悪の場合送り返されたり紛失したりするので、宛名のフォーマットに気をつけましょう。
(注2)…paypalは安全性が高く、手軽に利用できる点からユーザー数も多いですが、「為替事務手数料」が2.5%~4%と少し高額です。
(注3)…国や地域によって必要書類のフォーマットが異なります。詳しくは郵便局の公式ページへ。手数料は500円位(国により異なる)
(注4)…海外から外貨のまま送金を受け付けられる口座のこと。新生銀行以外に外貨普通預金口座を取り扱う銀行は、SMBC信託銀行(旧シティバンク)ソニー銀行三菱東京UFJ銀行など。
(注5)…受取銀行(被仕向)手数料は2,500円~
(注6)…住所の英語表記は、日本語の住所をそのままひっくり返して最後にJAPANをつけましょう。



関連記事

■ご訪問いただき、ありがとうござました。また遊びに来て下さいね♪■



またたびちと@GOOGLE+またたびちと@Facebook羊毛フェルト猫作り方
羊毛フェルト 作品 販売羊毛フェルト海外 販売


仮面のラグドール

羊毛フェルトで、仮面のラグドールを作りました。手に持った仮面から、ひょっこりお顔を覗かせています^ ^


羊毛フェルト ラグドール

羊毛フェルト ラグドール


前回作った和風な狐面の三毛猫(参照→)とペアで飾れるように、今回は洋風の長毛猫さんです。


羊毛フェルト ラグドール


羊毛や獣毛を全身に植毛し、ふわふわモフモフに仕上げました。
長毛種の中では比較的短い、ラグドール独特の被毛を表現するために、土台を太めに作って、被毛自体は短めにカットしてあります。


羊毛フェルト ラグドール

羊毛フェルト ラグドール


グラスアイは、今までで一番深い青色に仕上げました。
ラグドールという名前には、「青い目のぬいぐるみ」という意味があるらしいので、リアル寄りのお人形っぽいお顔にしてみました。


羊毛フェルト ラグドール

アルゴンキンホテルの招き猫、マチルダさんがモデルです^ ^

寒い日が続きますね。
よい週末をお過ごしください\(^o^)/

関連記事

■ご訪問いただき、ありがとうござました。また遊びに来て下さいね♪■



またたびちと@GOOGLE+またたびちと@Facebook羊毛フェルト猫作り方
羊毛フェルト 作品 販売羊毛フェルト海外 販売


植毛!


毛を植える


羊毛フェルト 植毛のしかた


ひたすら植える



羊毛フェルト 植毛のしかた


只々モフモフを夢見て…



羊毛フェルト 植毛のしかた

羊毛フェルト 植毛のしかた


今回の植毛は、被毛に光沢とハリを出すためのシェットランドと、黄色い色味を出すためのシロップシャーを混毛し、NZサウスダウンでボリュームを出しました。



羊毛フェルト 植毛のしかた


素敵な猫人形さんになりますように!


関連記事

■ご訪問いただき、ありがとうござました。また遊びに来て下さいね♪■



またたびちと@GOOGLE+またたびちと@Facebook羊毛フェルト猫作り方
羊毛フェルト 作品 販売羊毛フェルト海外 販売


猫の手


長毛猫たんの

羊毛フェルト リアルな人形 猫の手

お手々をチクチク植毛中


羊毛フェルト リアルな人形 猫の手


早く手ができるといいね。


関連記事

■ご訪問いただき、ありがとうござました。また遊びに来て下さいね♪■



またたびちと@GOOGLE+またたびちと@Facebook羊毛フェルト猫作り方
羊毛フェルト 作品 販売羊毛フェルト海外 販売