またたびちと@羊毛フェルト犬猫人形

2015年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2015年05月
*お知らせ*

**【重要】販売再開のお知らせ**
ハンドメイドサイト「tetote」のサイト終了に伴い、作品の販売を一時停止しておりましたが、この度ハンドメイドサイト「minne」にて販売を再開いたしましたのでお知らせいたします。
ご迷惑・ご不便をおかけし、大変申し訳ありませんでした。

bnr-topic-interview.png


TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年04月
ARCHIVE ≫ 2015年04月
      

≪ 前月 |  2015年04月  | 翌月 ≫

自作アイの経年劣化

2014年5月に制作した100均材料のオリジナルアイ(写真左…作り方はコチラ→)と、2013年3月以前に制作した、オリジナルスワロアイ(写真右…作り方はコチラ→)です。

またたびちと@羊毛フェルトの犬猫人形

100均アイは制作から約1年、スワロアイはは制作から2年以上経過していますが、色味の変化や接着部の黄化等は特に無いようなので、一安心。

ちなみに、虹彩画像は家庭用のインクジェットプリンターを使用し、UVクリスタルレジンで接着しています。

オリジナルアイの制作は、自分の用途に合わせて色味や表情を調整できるため、作品の幅が広がるかと思います。
その反面、経年劣化を懸念してきました。ハンドメイド品で、使用できる材料も私自身が持つ知識も限られているからです。

1年以上経っても劣化が無いので一安心!これからも無事でありますように\(^o^)/
関連記事

■ご訪問いただき、ありがとうござました。また遊びに来て下さいね♪■



またたびちと@インスタグラムまたたびちと@Facebook羊毛フェルト猫作り方
羊毛フェルト 作品 販売羊毛フェルト海外 販売


妖猫

羊毛フェルトで、「妖猫」を作りました。


またたびちと@羊毛フェルトの犬猫人形


化け猫的な妖しさを出したくて、初めて紅色のオリジナルアイを使用してみました。



またたびちと@羊毛フェルトの犬猫人形





実験的に、前作の芸者猫&忍者猫(詳細はこちら参照→)とは、頭身の規格を変えて作ってみました。


またたびちと@羊毛フェルトの犬猫人形


両方を比較した結果、頭部が小型な点は妖猫のほうが作りやすいものの、作品を直立二足立ちで安定させる点でかなり問題がある事に気がつきました。
今後は、芸者猫&忍者猫の規格で作ろうかと思います。

無事完成してくれて、ありがとう妖猫\(^o^)/



Google先生のお仕事


■ご訪問いただき、ありがとうござました。また遊びに来て下さいね♪■



またたびちと@インスタグラムまたたびちと@Facebook羊毛フェルト猫作り方
羊毛フェルト 作品 販売羊毛フェルト海外 販売