またたびちと@羊毛フェルト犬猫人形

2014年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2014年06月
*お知らせ*

**【重要】作品の販売に関して**
従来まで作品の展示販売を行ってきたハンドメイドサイト「tetote(テトテ)」が、同社が運営する「minne(ミンネ)」へサービスを統合することになりました。
これに伴い、「tetote(テトテ)」の決算システムが2018年3月30日をもってサービスを終了となる影響で、作品の販売を一時停止しております。尚、ご用命の場合はメールにてご連絡いただければ幸いです。 ご迷惑をおかけし、大変申し訳ありません。
展示作品の移行が終了しだいお知らせさせていただきます。

bnr-topic-interview.png



TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年05月
ARCHIVE ≫ 2014年05月
      

≪ 前月 |  2014年05月  | 翌月 ≫

完成!羊毛フェルトのロシアンブルー

羊毛フェルトのロシアンブルーさん完成しました。+.゚ヽ(o´∀`)ノ゚.+。

またたびちと@羊毛フェルトの犬猫人形

綿のみで制作したボディ土台を使用した白猫さん(参照→)と比較のため、こちらのロシアンブルーさんは体芯に針金を使用したボディ土台を使用して制作しました。

作業効率は、綿のみで制作したボディ土台の方が良かったです(中に針金が入っているとニードルを刺し難いため)
ただ、強度の面で若干の不安があるため大型作品の立ち姿を針金無しで制作するのは難しいのかなぁと思いました。
スチール針金は重量があるので、作品のバランスを取る役割も担っているのか、立ち姿の作品を作る時に使用すると安定するように思います。
これらの特徴を踏まえた上で、今後の制作は臨機応変にしていこうと思います。

またたびちと@羊毛フェルトの犬猫人形

ロシアンブルーさん独特のスリムボディを表現したくって、脇下や太もも上部等のメリハリをつけたい部分に明度の違う羊毛を混毛して刺し付けました。
んー…(´∵`)この行程は、手間かかったわりにあんまり意味なかったかも。


1400501517PXnWhhCkYwU2RMo1400501510.gif


頸部をジョイント接合にしたので、首が可動します。
以前は360度首が回転してしまい大変な事になっていましたが、ストッパーの接続部分を変えたりオリジナル首輪のデザインを工夫したりして何とか180度回転に改造しました。(首360度回転に関してはコチラ参照→
今回は試作でしたが、飾る場所によって表情が変えられて楽しい細工かと思うので今後恒例にしようかと思っています。(但し短毛に限る)

またたびちと@羊毛フェルトの犬猫人形

パールとラインストーンチャームとリボンでオリジナル首輪も作りました(・∀・)
今回のオリジナルアイは暗い場所で光らないので、代わりにリアルっぽい猫髭に改良してみました。

一時はどうなる事かと思ったけれど、無事完成してくれて満足゚+.(・∀・).+゚

見守っていただき、ありがとうございました!
関連記事

■ご訪問いただき、ありがとうござました。また遊びに来て下さいね♪■



またたびちと@インスタグラムまたたびちと@Facebook羊毛フェルト猫作り方
羊毛フェルト 作品 販売羊毛フェルト海外 販売