またたびちと@羊毛フェルト犬猫人形

2013年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2013年04月
*お知らせ*

**【重要】販売再開のお知らせ**
ハンドメイドサイト「tetote」のサイト終了に伴い、作品の販売を一時停止しておりましたが、この度ハンドメイドサイト「minne」にて販売を再開いたしましたのでお知らせいたします。
ご迷惑・ご不便をおかけし、大変申し訳ありませんでした。

bnr-topic-interview.png


TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年03月
ARCHIVE ≫ 2013年03月
      

≪ 前月 |  2013年03月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ご訪問いただき、ありがとうござました。また遊びに来て下さいね♪■



またたびちと@インスタグラムまたたびちと@Facebook羊毛フェルト猫作り方
羊毛フェルト 作品 販売羊毛フェルト海外 販売


スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

デクスター ~警察官は殺人鬼~S7

大好きな海外ドラマ「デクスター ~警察官は殺人鬼」(FOX公式→)のシーズン7がいつの間にか始まってたヽ(`Д´)ノ!!

気が付かなくて何話か見逃したよー!!!
シーズン6の最終話が、かなりカオスな状態で終わってたから今シーズンがどんな始まり方したのか凄く気になる('A`)
また再放送やるだろうからいいけどね。。。とりあえず録画チェック



あらすじ
「デクスター(DEXTER)」は、フロリダ出身の作家ジェフ・リンジーの小説「デクスター 幼き者への挽歌 (原題:Darkly Dreaming Dexter)」が原作。
4歳で孤児となり、警察官の家に養子となったデクスター。そこで彼は、今の自分を形成する運命的な出会いを果たす。育ての父親ハリーは、狩猟に異常な興奮を示す幼い息子の内なる殺害願望を認め、その矛先を法では裁けない凶悪犯たちに向けさせることで、彼が悪の道に進まないよう導いたのだ。
成長し、警官となったデクスター。殺人鬼を殺し、記念に血のサンプルを集めるといったサイコぶりは健在だが、昼間の彼は職場での人望も厚く、子供にも好かれる立派な紳士、愛すべき人間だ。これは、社会に適合するため、実際には感じない心の痛みなどの感情を表現し、思いやりに富んだ社会的責任のある人間と思われるよう振る舞ってきた努力の賜物。
殺人鬼の心の奥底にいざない、善悪を判断するうえで論点となる倫理に問題提起するデクスター。一度観たら、彼の生き方にすっかり魅了されるハズ!?
(以上、FOX公式より引用)

簡単に言うと、米国板必殺仕置人的なこのドラマ。
幼少の頃のトラウマから、スタイリッシュに殺人を繰り返す主人公デクスターの内面を時にシニカルに、時にコミカルに描き出す手法が秀逸で、シーズン1からずっとファン*。・+(人*´∀`)+・。*
ゴシップガールより楽しみかも!
ドラマの特性上グロ全開なのであんまり万人受けはしないかもですが、本国ではエミー賞もゴールデングローブ賞も受賞済みな人気シリーズらしいです
(CSの放送時間詳細はコチラ→

そして大好きドラマの再開にワクテカしながら猫顔チクチクしてたら…




脳ぉぉおおッΣ(゚д゚lll)


ニードル折れたよデクスター。。。。

ながら羊毛いくないね( ;´Д`)
関連記事
スポンサーサイト

■ご訪問いただき、ありがとうござました。また遊びに来て下さいね♪■



またたびちと@インスタグラムまたたびちと@Facebook羊毛フェルト猫作り方
羊毛フェルト 作品 販売羊毛フェルト海外 販売


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。